FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイル表面の白いものは何? パート2

こんにちは、清掃コンサルタントのケミクリーン君です
パート1の続きです

炭酸カルシウム(エフロレッセンス)ではなくて、水で濡れると消えて乾くと白くなるタイル表面に付着している白い物質は?

それは汚れじゃないんです

それは、タイルの下地や目地にあるセメントのアクが染みでているものなんです

物質的には、これは炭酸カルシウムでなく、重炭酸ナトリウムというものなんです

この重炭酸ナトリウムに溶けるのですが、乾くと復元してしまうものです。
さらに、この重炭酸ナトリウム分解できる薬品がないんです
そのため、で濡れた状態を保てれば白い物質が見えなくなるので、アルミの劣化や焼けと同じように、で濡れた感じになる保湿剤のようなものを塗ってあげればいいんです

このタイル用の保湿剤が、うちの会社で開発したケミコーティングW なんです

ウエスに付けて塗るだけで簡単に重炭酸ナトリウムは消えて無くなります
ご覧下さい (クリックすると拡大
W1_1 → W2_2

他の建物でもこのように見受けられます。
右半分にケミコーティングWを塗りました。
scum1


炭酸カルシウム(エフロレッセンス)は、タイル目地から染み出し、重炭酸ナトリウムセメントのアクはタイル表面から染み出すものであるということも写真でわかります。

たまに炭酸カルシウムと重炭酸カルシウムが混在する場合があります。

この場合は、ケミクリーンNO.7EFで炭酸カルシウムを分解。
乾いて白くなったら、ケミコーティングWを塗布するという流れで行います

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。